食品工場の電気代を減らす方法

削減率は
全電気代の
10~25

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の10%~25

食品を扱う食品工場はその品質管理に非常に気を遣います。

ですので思っている以上に管理に使用する電力等、余分に使っていたりしています。皆様削減をしたいが、慎重にならざるを得ない、食品に何かあったらどうしよう、などなかなか踏み切れません。確たる安心・安全が無いと実行できないのが実情です。

ですが、余分に使っている分、電力は非常に大きく使用しており、特に暑さに弱い食品に関しては夏場の冷房費は非常に圧迫しております。

また、昨今の人材不足で作業員も確保しづらい環境から工場内の環境にも非常に気を使います。食品を加工する過程で、工場内の温度が暑くなるので、冷房を必要としたりと様々です。省エネのポイントは食品管理と作業員様の快適な環境維持。

これらをクリアできるような省エネがポイントになります。神戸の大型ケーキ工場様には、年間106万円の削減が出来、食品にも一切影響なく、作業員様にも依然と全く変わらない作業環境で削減ができたと喜ばれました。

食品工場におすすめの商品

実績

兵庫県神戸市:ケーニヒスクローネ

最大電力:設置前299kW ⇒ 設置後271kW(▲28kW)
消費電力:設置前1,845,465kWh ⇒ 設置後1,807,748kWh(▲37,717kWh)
削減金額:▲1,061,198円

食品工場のニュース記事一覧