エコミラplus(プラス)

エコミラplus(プラス)の商品紹介

エコミラTYPE-PLUS

エコミラplusを導入するだけで、電気代が安くなります。

エコミラplusは、換気コントロールシステムです。

空調工業会でもっとも注目されている最先端の省エネ方法で、既設のホールコンピューターと連動する画期的なシステムです。

集計された客席稼働率に合わせて、換気扇をコントロールし、換気量を最適化。
快適な空気環境をキープしながら、空調の省エネ化を実現します。
『TYPE DC』との併用も可能で、さらなる電気代削減につながります

取り付け

面倒な作業は一切なし。当社にてすべての取り付け作業を行います。

休業なしで導入いただけます。

稼働率と換気扇を連動したシステムをTYPE plus以外で実現しようと思うと、
費用や大掛かりな工事がかかるためお店を休業させる必要があります。
TYPE plusは今お使いのコンピューターと連動できる唯一のシステム。
換気量をコントロールする最小限のシステムなのでお店を休業することなく導入が可能です。

新たに取付ける設備はこれだけ!
大掛かりな工事が不要!

この商品は以下の店舗におすすめです。

こんな店舗におすすめ
空調が古く、リニューアルしたいが
店を休む訳にはいかない。
TYPE Plusは休業の必要なく導入が可能。
古いエアコンなら削減効果が期待できます。
LEDやデマンドコントローラーなどの
省エネ機器を導入したがさらに節電したい。
TYPE Plusは空調の無駄を省くので
電気代をさらに削減できます。
TYPE plusは冷蔵庫で例えると

エコミラplusは快適なさをキープし省エネ化を実現

既存の換気システムでは、例えばパチンコホールの場合、
1時間に6~8杯ほど※2室内の空気の入れ換えを行っています。
店内の集客率に関わらず、決まった量を換気するため、
エアコンでせっかく冷やした空気も一緒に排出されています。

※2:1時間当たり何回部屋の空気を入れ換えればよいかを、衛生試験所などにおいて経験から検出されたものです。

排気量を最適化

集客率に応じた換気量をコントロール

換気量をコントロールし使用電力を削減します。

ある1日の平均稼働率

ゾーンごとの稼働率を時間帯で設定し換気量を最適化

換気量をコントロールし使用電力を削減します。

ゾーンコントロールの例 この図を拡大する

お客様事例

サイズ

エコミラTYPE-PLUS
型番EP100~EP1200
外形寸法(mm)
(タッチパネル)
W350 × D130 × H300
ボックス素材
(タッチパネル)
アルミ