病院の電気代を減らす方法

削減額は
年間で平均
240.5万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の15%~25

病院は施設によって大小があり、設備によっても電力構成は大きく変わります。
大まかな電力構成は共通で「照明」「空調」「医療機器」「厨房機器等その他」に分類されます。医療機器にもよりますが、空調の割合も比較的高く、特に冬場などは非常に多く空調を使用されております。光熱費も経費の中では非常にウェイトが高く、皆様省エネをされたいと考えてらっしゃる病院が多いです。


病院は院内の環境保全が第一になっておりますので、患者様・来院者様に何かあっては遅いので、なかなか省エネに踏み切れないのが実情です。当然ながら、医療機器などは省エネなど出来ず、できるのは「照明」「エアコン」だけです。照明についてはLEDの設置などほぼ皆様実施されておりますが、エアコンに関してはやはり影響があるのではないかと懸念されており、何も実施されていません。

しかしながら、入院部屋などもほとんど業務用エアコンで管理されており、エアコンはほぼ業務用で賄っている病院が多いので、省エネを実施すればおのずと効果は高く期待できます。止めない形の省エネであれば、院内環境の保全、患者様・来院者様にも影響は出ません。


エコミラであればエアコンを止めない省エネを制御として行っておりますので、安心安全です。

病院の電気代を2段階で削減する方法

2ステップ電気代削減法

病院のニュース記事一覧

もっと見る