工場の電気代を節約する方法

削減額は
年間で平均
106.1万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の20%~35

工場と言っても一概に言うことはできませんが、一般的に組み立てがメインの工場で多くの方が滞在している工場では、電気のほとんどはエアコン(空調)が多く占めている場合が多いです。

「工場」の画像検索結果

工場の経費削減を担当される方や経営者の方にとって
「省エネ」は大きな課題の一つではないでしょうか?

コスト削減は勿論のこと、省エネ法の遵守など多岐に渡る問題が含まれています。

その「省エネ」に対して、具体的にどのようなことに取り組めば良いのでしょうか?

① 新電力で電気料金単価を下げる

「電気料金全体を下げる」為に、最も効果的で導入コストをかけずに実施できるのが「 新電力への切り替え」です。

この対策の非常に良い点は「導入コストがかからない」所です。

コストをかけずに、全体の電気料金を下げることが出来る為、一番最初に取り組みやすい施策であるとも言えます。

弊社の2ステップ電気代削減法のステップ①では日本に637社(※2020.1.16現在)ある電力会社から当社が厳選した138社に一括見積を投げます。 その中でさらに厳選して一番安い会社のお見積り数社をお客様に送信致します。

② デマンドコントロールで電気“量”を下げる

組み立て工場や人が滞在する工場では、従業員の方に無理をさせては生産効率も悪くなります。一般的なデマンドコントローラーでは設定した最大電力値(デマンド)に到達すると暑かろうが寒かろうが関係なしに熱交換をストップさせてしまいます。

当然、熱交換をしないので、エアコンが停止している状態と一緒になってしまいます。

弊社のエコミラであればエアコンを止めずに省エネすることが可能です。(特許取得済み)

工場の電気代を節約する方法

2ステップ電気代削減を知らないと企業は損します。

さらに詳しく

2ステップ電気代削減の無料シミュレーション
都道府県
見積もりたい施設の数
見積もりたい施設の種類
貴社名
ご担当者様
お電話番号
メールアドレス
コメント欄
日本に637社(※2020.1.16現在)ある電力会社から当社が厳選した138社に一括見積を投げます。 その中でさらに厳選して一番安い会社のお見積り数社をお客様に送信致します。
エコミラ公式LINEで無料相談

工場のニュース記事一覧

もっと見るニュース一覧を見る