カプセルホテルの電気代を減らす方法

削減額は
年間で平均
160.7万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の10%~25

カプセルホテルの電力消費は非常に分かり易く、館内の空調は全て業務用空調で賄っているのが特徴です。

また、電力構成も「照明」「厨房機器」「空調」「その他熱源機器」と大きく3つにわけることができ、サウナ等の熱源機器がガス式か電気式かで変わりますが、概ね空調が占める割合は高くなります。

また、1日中電力を使用されていることを考えると、光熱費の割合も高くなり、削減金額も高くなります。ポイントはお客様が長時間滞在されている中で敏感に空調を感じやすくなっていますので、今までのデマンドコントローラーのようにON/OFFで止めるといったことが無いようにするのがポイントです。

エコミラなら空調を止めることなく効かせたまま、削減が可能です。

カプセルホテルの電気代を2段階で削減する方法

2ステップ電気代削減法

カプセルホテルのニュース記事一覧

もっと見る