レンタルCDビデオショップの電気代を節約する方法

削減額は
年間で平均
34.4万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の20%~35

大型化が進んでいるレンタルCDビデオショップですが、当然大型化が進めば光熱費も高くなってきています。また時代の変化に対応すべく、自らの長所を活かす様態に変化を重ね、皆様コスト意識も非常に高く、少しでも省エネをしたいと考えられております。

当然、店舗の光熱費の構成としては「照明」「空調」「サイネージ等その他」と比較的分かり易く分類でき、空調の占める割合は非常に高く約60%となっています。平均932㎡を温度管理するとなれば空調機の台数も多く、また、商品棚の高さも2m以上あるので店内の空気が回りづらいのが特徴です。

その為、空調を小分けに台数多く設置されている店舗様もあり、光熱費はさらに上がる一方です。省エネのポイントは、空気が回りづらいので無理矢理止めることもできず、店内の温度ムラができてしまいやすいので、空調は動かしたまま省エネするのがポイントとなります。


岐阜県の店舗様ではエコミラを運用し、年間約68万円の削減ができております。

レンタルCDビデオショップの電気代を2段階で削減する方法

2ステップ電気代削減法

電気代が安くなったレンタルCDビデオショップの実例

レンタルCDビデオショップのニュース記事一覧

もっと見る