ゴルフ場(クラブハウス・ゴルフ練習場)の電気代を節約する方法

削減率は
全電気代の
10~15

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の10%~15

ゴルフ場(クラブハウス・ゴルフ練習場)は近年、ゴルフ人口減少が問題となっており、今後も進むと言われております。

ゴルフ人口の減少が進むにつれ、ゴルフ場間で価格競争が起こっています。そういった価格競争によってゴルフ場は利益を出しにくくなっております。少しでも経費の削減を取り組もうと間違った削減をしてしまうと、益々悪化してしまいますので、間違った経費削減をしないためにもお客様に影響を及ぼさない電気代の削減に取り組みましょう。

電気代の構造

ゴルフ場のクラブハウス

ゴルフ場のクラブハウスといっても様々ですが、基本的な電気代の構造は同じです。特に営業時間が朝~夕方までと短いですが、日中の営業がメインとなりますので、どうしても電気代が経費の占める割合が高くなる傾向があります。

一番電気代が高いのは「空調(エアコン)」です。

ですが、はやりスポーツをする場所ですので、エアコンの設定温度を上げたり、止めるわけにもいきません。ですが弊社機器であればエアコンを止めずに使用したままで削減が可能です。

ゴルフ練習場

ゴルフ練習場の場合は、注意点として冬場の打席毎にヒーターを完備しているかで電気代の構造が変わります。打席毎に電気ヒーター等を完備している場合、冬場の電気代が突出して高くなってしまう場合がほとんどです。

室内のスクール等で使用する打席レンジやレストラン、フロントなどは業務用空調(エアコン)が多くを占めていますので、大きな削減が見込めます。

電気代を安くする2つの方法。

「電気代削減イラスト」の画像検索結果

ゴルフ場(クラブハウス・ゴルフ練習場)の電気代を下げるには2つの方法があります。

① 新電力で電力料金単価を下げる

これはどこのお店でも可能です。低圧契約・高圧契約、関係なしに普段請求をされている電力会社を変えるだけで、電気代が安くなります。また、普段経費などで使っているガソリン会社やガス会社などからも新電力契約プランが出ており、ポイントが付くなどさまざまな特典も受けられます。

当然、安いに越したことはありませんので、一番安い電力会社をお求めでしたら弊社までご連絡ください。138社の中から一番安い新電力契約をご提案させて頂きます。

② エアコン(空調)の制御機器を取り付ける。

ゴルフ場はもちろんスポーツをする場ですので、エアコンを止めたりはできません。もちろん設定温度も低めにしなければお客様からクレームが出てしまいますので、エアコン(空調)はフル回転されていることが多いです。ですので、そのエアコン(空調)自体に省エネ機器を取り付け、制御すれば電気代の削減につなげることができます。

ですが、注意が必要です。お客様に迷惑が掛かっては意味がありません。

あくまでも、お客様に迷惑がかからないようにエアコン(空調)は効かせたまま省エネ化をしなければなりません。

一般的なデマンドコントローラーの場合、設定した電力値に達するとエアコン(空調)の熱交換を止めてしまいます。当然、止まれば夏場はぬるい風しか出なくなりますので、お客様は暑くなってしまい、ご迷惑となってしまいます。

弊社の「エコミラ®」であればエアコン(空調)を一切止めることなく、制御ができますので、お客様にご迷惑をかけずに電気代を削減することができます。また、お試しもできますのでぜひ、お声がけください。

ゴルフ場(クラブハウス・ゴルフ練習場)の電気代を節約する方法

2ステップ電気代削減を知らないと企業は損します。

2ステップ電気代削減の無料シミュレーション
都道府県
見積もりたい施設の数
見積もりたい施設の種類
貴社名
ご担当者様
お電話番号
メールアドレス
コメント欄
日本に637社(※2020.1.16現在)ある電力会社から当社が厳選した138社に一括見積を投げます。 その中でさらに厳選して一番安い会社のお見積り数社をお客様に送信致します。
エコミラ公式LINEで無料相談

ゴルフ場(クラブハウス・ゴルフ練習場)のニュース記事一覧

もっと見るニュース一覧を見る