ドラッグストア(薬局)の電気代を減らす方法

削減額は
年間で平均
124.7万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の20%~30

電力消費の構成は「照明」「ネオン」「空調」「冷蔵・冷凍機器」と分かり易く、営業時間も24時間営業などの店舗もあるので、比較的長いのが特徴です。また、店内入口を開放されている店舗様も多いので、冷やした(暖めた)空気が常に外に漏れ、空調がフル稼働しやすいのも特徴です。

冷蔵・冷凍機器を設置されている店舗様などは比較的、夏場など冷気が充満しやすくはなっていますが、冷蔵・冷凍機器をさほど設置されていない店舗様などで既存のデマンドコントローラーで省エネをしようとすると、店内環境に悪影響を与えやすくなってしまいます。

省エネのポイントは店内環境を変えずに快適に省エネすることです。

エアコンを止めないで省エネをするエコミラなら快適性を損なわずに削減が可能です。

ドラッグストアの電気代を2段階で削減する方法

2ステップ電気代削減法

電気代が安くなったドラッグストアの実例

ドラッグストアのニュース記事一覧

もっと見る