カーディーラー(車販売店)の電気代を減らす方法

削減額は
年間で平均
44.2万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の30%~45

カーディーラーといえば、人が良く通るいい立地で、外から車のディスプレイが見えるように窓はガラス張り、天井が高く、来客のお客様に快適な環境を提供できるように、余裕をもった店舗作りをしています。

電力構成は非常に分かり易く、「照明」「エアコン」「ディスプレイ、コピー機等その他」の3種類で、入店時にはエアコンでよく冷えている感覚は経験したことがあると思います。

光熱費の割合が経費勘定項目の中でも非常に高く、省エネに積極的な事業者様が多いです。


お客様商売ですので営業時間中の日中は省エネといってもなかなか実行できないのが実情で、みなさま試行錯誤をされておられます。

照明はLEDに変更、早めのディスプレイ消灯など、心がけられておりますが、エアコンはお客様の滞在時間短縮に繋がってしまう為、なかなか削減できず、中には、既存の省エネ機器を設置し、空調のON/OFFをしてしまう制御にうんざりされていらっしゃる方も多いのが実情です。

従って、エアコンを止めずに動かしながら、節電をすることが理想です。

愛知県の店舗様ではエコミラを運用し、44万円/年の削減ができております。

カーディーラー(車販売店)の電気代を2段階で削減する方法

2ステップ電気代削減法

電気代が安くなったカーディーラーの実例

カーディーラーのニュース記事一覧

もっと見る