家電量販店(電気屋さん)の電気代を減らす方法

削減額は
年間で平均
136.9万円

電気代削減のポイントは?

削減率:全電気代の10%~25

最近では家電量販店乱立となり、家電量販店も非常に大きく、広い空間のお店が多いです。
共通しているのは大空間を1フロアで営業されている家電量販店が非常に多いです。

従ってその大空間を夏場など適正に冷やす冷房など数が多いのも特徴です。

また、大型木材や機器などを購入したお客様が運搬しやすい様、出入り口の自動ドアを切り、常時開放しているお店様も多いので、夏場などは熱気が常に外から出入りしており、空調も冷やそうとフル稼働しているのが実情です。

当然、フル稼働となれば光熱費は非常に高くなり、経費項目でもそのウェイトは重くなっております。中にはこれだけの空間で、空調台数も多いので省エネをしようと空調機の間引き運転などされているお店もありますが、根本的には解決しません。間引き運転で一部分を止めても動いている空調機がそれを補おうと頑張り続けます。

従ってさほど削減できないといったことも発生します。

また、最近では食料品やペットコーナー、子供の遊び場など温度管理には注意を払わなければならないゾーンができておりますので、むやみに空調を止めることもできません。ポイントはやはり空調を止めないで動かしながら省エネ。

京都市の家電量販店様では、今まで大空間を温度コントロールしている空調を止めるデマンドコントローラで運用されておりましたが、止めない省エネのエコミラに運用をし直し、止めていた時よりも年間130万円も削減ができております。

家電量販店(電気屋さん)の電気代を2段階で削減する方法

2ステップ電気代削減法

電気代が安くなった家電量販店の実例

家電量販店のニュース記事一覧

もっと見る