パチンコ店禁煙、どうしたらいい?

もうすぐ!パチンコ店も2020年4月からの禁煙義務

施設内での喫煙を規制する改正健康増進法が2020年4月から全面施行されるのはもうほとんどのパチンコホールで知られており、ホール企業も対策が迫られている真っ只中だと思われます。多くの人が利用する商業施設は、原則屋内禁煙が義務付けられるほか、違反者には罰則も科せられます。では、パチンコホールではどのような対策が必要でしょうか。

禁煙義務をプラスとみるか、マイナスとみるか

当然、義務ですから全ホールが実施をしなければならない重要事項です。賛否両論、様々な声が飛び交っていますが、泣いても笑っても屋内原則禁煙義務ですから致し方ありません。

では、このことをどう見るか?プラスとみるかマイナスとみるか。

この記事を書いている私は喫煙者ですが、絶対に「プラス」と捉えています。悲観的になって何もしないで時を待つより、プラスと考えてしっかり準備をされた方が絶対に良いと考えます。パチンコのこと何も知らないくせに!と罵声が飛んできそうですが…実は私、20年間、前職までずっとパチンコ業界でしたので、非常に昔からの流れや、現在訪れている新規則改正に伴う遊技機の入替、年末のみなし機全撤去など、パチンコ業界が直面している数々の問題を存じておりますし、実際に感じることができております。

悲観的になるのは無理もありません。理解できますが、禁煙に対しては得したり、未来への投資ができると考えております。ですので、この喫煙規制に関しては私は必ずプラスになると思います。

禁煙義務に向けてすべきことは喫煙ルームの設置だけ?

多くのホールが現状では喫煙ルームをどうするか、置く場所は?費用は?何室必要?など禁煙ルーム設置に追われていることかと思います。ですが、それだけに追われていると得を逃してしまう可能性があります。

もちろんお客様商売ですので、喫煙規制によってパチンコホールでの喫煙率54.7%*1のお客様を離反させないことに注力しなければなりません。*1(日遊協、2018年度パチンコ・パチスロファンアンケート調査)

設備の改装・改修などは、やはりお金がかかります。

  • 快適な喫煙ルームの設置
  • 店内のヤニ、臭い除去
  • 店内のクリーン化
  • 灰皿回収レールの撤去
  • 銀台交換

など、お金がかかることが非常に多く、お金をかけてこれをやったからと既存の喫煙ユーザーを留められるとは限りません。どのホールもなんとか残ってもらおうと、様々な工夫をしようと日々試行錯誤しておられると思います。

ですが、もっとするべきことがあります。

しかもそれがお金を生むことだったとしたらいかがですか?

禁煙義務がお金を生み出す?!

はっきり言って「生み出します!」

びっくりしますよね?禁煙義務によって喫煙ルームや改装費など、お金が出ていくことばかりと思っていたでしょうが、実はあることをするだけで今まで払っていたお金を払わなくて済むんです。

例えば、700台のホールで条件にもよりますが、年間100万円近くも払わずに済むことが可能です。では、どうすれば年間100万円近くも払わずに済むのでしょうか。

過剰設備を抑制する

パチンコホールは今まで喫煙者、禁煙者問わずに集まる環境下で営業をされており、どちらの方も気持ちよく過ごしていただけるよう、環境を阻害しないように非常に考慮された店舗づくりが主流でした。よって、「過剰換気」「過剰空気清浄」など一般施設とは比べようがないほどの豪華な設備やメンテナンスを施されているホールがほとんどです。

喫煙規制により、その過剰設備やメンテナンスを抑制することで、今まで支払っていた過剰設備を使用するための電気代やメンテナンス代などを抑えることができます。

具体的な方法

まず、抑えることでお金を生み出せる設備・メンテナンスは何かを上げてみたいと思います。

  • 店内換気システム
  • 店内空気清浄機
  • 店内オゾン発生器
  • 店内消臭コーティング
  • 店内特殊清掃
  • 吸い殻回収

などなど…上記他にタバコに対して施されていることは多くあると思いますが、代表的な設備・メンテナンスを出してみました。

そして、いくつかの具体的な方法をお伝えします。

店内換気システム

パチンコ店の換気システムは他業種施設より非常に豪華な設備が多いです。恐らく全業態の中でも私が知る限りトップです。基本的に「建築基準法」という法律で決められています。建築基準法は、「建築物の敷地、構造、設備および用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康および財産の保護を図る」ことを目的とする法律です。つまり、建物内で活動を行う際、人の健康を維持するためにルールが取り決められています。

その規則によると、換気扇だけで換気を行う場合は、「1人が活動するのに必要なスペース」と「人の呼吸量」から必要な換気量を計算します。このような、部屋に必要な新鮮な空気の量は「必要換気量」と呼ばれます。必要換気量を部屋の広さで割れば、必要換気回数がわかります。

例えば、一般家庭での必要な換気量は、居間、廊下で5回、トイレで10回、自動車修理工場で8回、熱処理・鋳造・鉛造の工場で10回、メッキ工場で15回程度となっています。

では、パチンコ店は?というと10回~15回程度の換気を行っているホールがほとんどです。夏場でしたら車の窓を全開にしてエアコンを使っているのと同じですね。当然、エアコンはフル稼働で電気代は高くなります。

この換気回数を調整してください。禁煙後はタバコの煙もありませんので、過度な換気は必要なくなります。止めてしまうこともできますが、できれば稼働率に合わせた解放などができるように換気をインバーター化して開閉を自在にできるようにすると新鮮な空気を入れたり、空調負荷を軽減するために閉じたりとできますので、良いかと思います。

これだけで空調への負荷が軽減され、電気代のコスト削減につなげることができます。

店内空気清浄機

禁煙後、店内のタバコ環境目的での空気清浄機は必要なくなります。

PM2.5や埃臭さの対策などで使用されているホールは今後も必要となりますが、ほとんどのホールがタバコ対策での設置が多いようですので、さほど必要がなくなってきます。空気清浄機は特に電気代に加え、フィルターメンテナンスなど定期的に実施されており、メンテナンス代も高額になっております。

店内環境を考えながら少々もったいないかと思いますが、設置機数を減らすなどして頂くと、先々負担が少なくなります。また、撤去された空気清浄機などは意外と飲食業界や他業界の店舗など需要があり、売ることもできます。

まとめ

喫煙規制でできることの一部をお伝えしましたが、まだまだ沢山あると思います。その今まで普通だった、ちょっとしたことを見直すだけで年間100万円などのコストカットができ、今までなかった喫煙ルーム充実化などへ回すことができます。

ぜひ、見直してみてください。

ちょこっと話。

ちなみにパチンコ業界以外の方などとお話をすると、逆に街中などに喫煙場所が無くなるので、トイレに行くならパチンコ店という考えと同じようにパチンコ店へ喫煙しに行くという考えをされている方がほとんどでした。逆に今までパチンコ店に入ったことが無かった方が入るということも考えられると思いますよ。

このコラムを執筆した人:
営業部 原島健司
パチンコ店