VPP(仮想発電所)
かそうはつでんしょ(VPP=Virtual Power Plant)

分散型エネルギー資源を集めて、仮想的に発電所のように動かして電気の需給調整に活用すること。2016年から経済産業省が実証実験を開始し、電気事業者も参加している。VPPに活用されている設備(エネルギーリソース)には蓄電池、電気自動車、空調機器、家庭用ヒートポンプ(エコキュート)、各種蓄熱システムなどがある。

出典:「まるわかり電力デジタル革命キーワード250」(西村陽・巽直樹編著)