デマンドレスポンス(DR)
DR=Demand Response

従来の電力システムは需要に合わせて電気を供給する一方向の流れだったが、デマンドレスポンスは需要者(消費者)側で電気の使用状況を変化させ、需給調整に活用する取り組み。需要家は電気の使用量を電気料金やインセンティブに応じて調整し、経済価値(支払の削減、対価の稼得)を得る。経済産業省ではディマンドリスポンスやネガワットという言葉も併用されており、DRと略称で使われる場合も多い。インセンティブに応じて電気の使用量を削減することを「下げDR」、使用を増やすことを「上げDR」という。

出典:「まるわかり電力デジタル革命キーワード250」(西村陽・巽直樹編著)