Utility3.0
ユーティリティー3.0

エネルギー産業の長期的な構造的変化を表した表現。

東京電力ホールディングスの経営技術戦略研究所で議論され、書籍「エネルギー産業の2050年Utility3.0へのゲームチェンジ」にまとめられた。今後エネルギー産業は、大きな5つの変革ドライバー(人口減少、脱酸素化、分散化、自由化、デジタル化)を経験することで、これまで扱ってきたエネルギーとしての電気の価値(kWh価値)は低下、kWhを需要に応じて入手するための設備を確保する価値(kW価値)や、需要の変動を柔軟にフォローしてkWhの品質(周波数・電圧など)を維持する価値(⊿kW価値)が高まる。その過程において、エネルギー小売業者は顧客体験をサービス化し、電気自動車の普及などによる電力システムと運輸システムの融合、電力市場のリパワリング(電力市場の再設計)が進むという2050年を念頭においた世界観を示している。

出典:「まるわかり電力デジタル革命キーワード250」(西村陽・巽直樹編著)